朝6時から10数時間後

仕事ばっかりしてたら大切な何かを失うことになる。 それでもやらなきゃいけないことがある。 自分がやることで誰かが救われるならそれで良いかな? 自分が一番最後に来る生き方。 それでいいかな?と思う。 いつかこの世からいなくなる時、振り返った時に、自分らしく生きたと胸を張って言える自分でありたい。

続きを読む

7年が経ちました。何が変わり何が変わっていないだろう?

京都の女子ラグビークラブの選手,中学校の教員,中学ラグビー部の顧問,レフリー,女子ラグビーや普及に係る様々な事業の企画・運営など,あらゆるシーンに欠くことのできない存在として活躍されていた方が7年前の今日,突然,天国に旅立たれました。 女子ラグビー元日本代表の田中智絵さん(享年28歳) 当日、東京での会議中にその悲報を知ることとなり,翌日の日本選手権決勝のキックオフ前、大勢が詰めかけ…

続きを読む

ラグビーの未来はあるか?

大人の事情に振り回されてきた子どもたちのラグビーシーンをなんとか子どもたちのためのものに戻せないだろうか?と本気で思う。 関わらないことでしか方法が見当たらない。 世代を変えねばならない。 不毛の数十年の主力が未だに居座るだけでなく、次の世代を阻むどころか自分のために潰しにかかっている。 おべんちゃらを使うイヌが人を貶めることで位置を安定させようとしてることに気づいた時にはもう手遅れだ…

続きを読む

積極的休養日

さすがに東京往復、ほとんど余裕ないスケジュールと大阪往復プラスαは疲れたのでスローダウン。

続きを読む

嗚呼、プロテイン

デカすぎるやろ、コレ(^。^) 今日から仕事が始まった。 夜は、長男と居酒屋へ。 次男と三男はラグビー部同窓会。 みんなそれぞれいい感じ。 寝床がオフェンスラインになってる(笑)

続きを読む

価値観

価値観は人それぞれ。 そりゃそうだ(笑) 一致してないといけなくはないけれど前進する上で近いにこしたことはない。 人の意見は聞くけれど、聞くだけがいいこともある。 己の想いが強ければ強い程、それでいいんじゃないかな? なぜなら、軽く考えてひらめくようなことは、自分の熟考の初期段階でクリアしているから。 己の考えを貫くことも大切。 人の考えを聞き,取り入れるこ…

続きを読む

自分がやりたいことをやるために

今日は,とある方とお会いしてとてもためになるお話しをお聞きした。 「認めるということ」 人それぞれキャパが異なるという前提に立って,枠の中いっぱいならば認めてみてはどうか?という提案。 現象と別の部分で認めるという考え方。 むしろ,認めることで,いいものを引き出すということ。 これを実践できれば… 40歳を過ぎて,急激に舵を切ってきた自分にも衝撃的なこのこと。 …

続きを読む

区切りをつけること

今日は前の所属の歓送迎会だった。 一区切り、振り返らず次に向かおう。 ラグビーの仕事が立て込んでいる。 全部を完璧にやる! 自分の仕事の流儀。 しんどいくらいがちょうどいい(^皿^)

続きを読む

週末に向けて

今日は朝から日曜参観に。 我が家の小学生2人は,学校生活を楽しんでいるみたい。 それがなにより。 勉強は出来るにこしたことないが,特に役立つものではないというのが自分の経験則。 ただ,選択肢が狭まったりするのは不本意だし,ましてや努力を否定するものでもなく, やはり,学生である以上,しっかり勉強はしてもらわないとね。(笑) ま,信じているから,頑張ってくれたらそれでいい。 授業…

続きを読む

第5回京都府小学生タグラグビー選手権大会を終えて

京都府小学生タグラグビー選手権大会、約450名が存分にタグラグビーを楽しみ,盛況のうちに閉幕。 たくさんの小学校の先生方が子どもたちのために準備・運営する姿にタグラグビーの無限の可能性を見ました。 さらに一歩前進です。 タグラグビーのためのタグラグビーではないのがGood! 決勝は,初の女性レフリー。 道を開拓していく人には心から敬意を表したい。 少し,ふりかえりたい。 ある地…

続きを読む

7人兄弟姉妹を育てることについて

7人子どもがいると話題には事欠かない。 いい話もあればそうでないことももちろんある。 エネルギーの源でもある。 が、今日は残念な話を聞いた。 子育ては難しい。 またやり直し。 20年近くやっていて、これから20年近く続く… 向き合い、全力を尽くすのみ。

続きを読む

ノックアウト!

原因不明の高熱でダウン… かなりヤバい、真っ直ぐ歩けない(泣) ひたすら寝て回復を待つ。 台風が来てる。 ずっと雨か…

続きを読む

夜空のムコウ

今日は遅番出勤で,先ほど帰宅。 職場を出る前に夜空を見上げると北斗七星がドカーンと! こんな風景を子どもたちに見せてあげたい。 もちろん都会で暮らす大人にも(笑) 何か大事なことを忘れてないか? 最近,折に触れ感じること。 いかに自分らしさを保つか? 今の自分のテーマ。

続きを読む

慣らされるということ

今日は、ひさしぶりに昼間の街へ。 仕事の会議のため。 今年、初めて蒸し暑さを感じた。 そして車の渋滞にも出会った。 街の日常。 一方、きれいな景色は、山の日常。 コンビニもなく不便ではあるが、自分には心地よい空間。 4月に勤務先が変わるまで感じていた街の日常が、わずか2ヶ月を経ただけなのに感覚が変化している。 善いようにとれば「順応」していたのであるが… 環境が人…

続きを読む

難しいからこそ…

「入口」と「出口」、そしてその「過程」… エネルギーのかけ方次第で、転び方が変わる今、評論家でなく当事者でありたい。 パシフィックネーションズを見ながら…

続きを読む

琵琶湖岸ドライブと自分と家族

長浜への往復は、いずれも湖岸の一般道へ。 信号機が少ない快適な道。 あえて高速道路を使わない娘たちとのドライブは、気ままに車を停めて遊ぶ楽しい旅。 かつて家族でテント泊した湖岸へ。夕陽が沈みゆく琵琶湖、綺麗な景色に心が静かに洗われていく… 自分の内面に潜む若い頃のままの粗暴な気性とそれを表面上押さえ込むために創っている自分とのギャップに苦しむことは日常的な出来事。 時々、飽和…

続きを読む

タグラグビー、この後どうするの?何がしたいの?自問自答を形にしていく作業は続く!

長浜タグフェスタ、大盛況のうちに終了! ご参加いただいた皆さん、運営にお世話になった皆さん、ご支援いただいた皆さん、そして応援いただいているすべての皆さんに感謝いたします。 ありがとうございました。 楽しんでいただけましたでしょうか? 自分は思い切り楽しませていただきました。 試合にも出たし、レフリーも。 セルフジャッジには閉口したけど、「残念な人だな」と思うようになり楽になった…

続きを読む

長浜ドームタグフェスタ前夜

今晩遅くにBチーム選抜(長女と次女)と滋賀県長浜へ。 タグラグビーフェスタの先乗り、絶対に遅刻出来ないから。 ラグビー目的のプチ家族旅行に娘たちは大喜び! 車で寝るよと言えばさらにはしゃいでる(^皿^)、真っ直ぐ育ってることを実感する。 エントリーは、62チーム462人。 期待には期待以上のもので応えるのが自分の流儀。魂が1人でも多くの人に伝わりますように! 違う次元から客観的に楽…

続きを読む

京都北部地域でのタグラグビー

京都北部での取り組みのスタートは3年前。 小学校の体育館でのタグ体験会。 広いとは言えない屋内での活動,迎えていただいた気がした。 翌年は、指導者講習会からミニ大会開催。 土砂降りだったけど,これまた温かかった(笑) 11月のサントリーカップ大会京都府予選にも北部地域から初参加。 http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201111/artic…

続きを読む

明るい未来と暗い未来、その狭間で苦しむ自分

スポーツバンクさん主催のラグビー体験会に娘2人と参加。 ピアノ教室からの梯子、ピアニストラガーなんてカッコいいなぁ(^皿^) 今日は、元日本代表の向山さんとともに教員志望の女子大学生が子どもたちとともにグラウンドで走ってくれています。 確かなイメージをもち、あえてガツガツしないこんな場所がとても居心地がいい。自分も娘たちも。 ラグビーが、身体を動かすことが好きでたまらない子どもに育って…

続きを読む

家族の大切さについて

今日は泊まり勤務で家族とは離ればなれ(泣) 寝ていて顔を蹴られることもなく(笑)、安心だがなぜだか寂しい… 不規則勤務になり、保育園の送迎や授業参観に行けるようになり、より子どもたちのことが身近になったからこそ、少し距離を置くことで分かることがある。 家族って大事だなぁ。 だった1日だけど。 離れて暮らしている次男と三男はどう思ってるだろう? 彼ら同士が同じ屋根の下だし、特別な感情…

続きを読む

ラグビー,そろそろ本気で動きませんか?

日本のラグビーシーンにこんな風景があればいいな! ラグビー場が,ラグビー観戦の場としてだけでなく,そこに行けば「楽しい場所」・「ワクワクする場所」になりますように。 ボールに触れ,グラウンドを駆けることで,ラグビーが持つエネルギーの凄さや楽しさがより身近なものになると信じている。 今,トップリーグをはじめとするチーム・選手が子どもたちや観戦者の目線にあわせはじめている。 そ…

続きを読む

「皐月杯」に託した思いが伝わるのはいつの日か?

「7人制」だけど「セブンズ」ではない大会、皐月杯が盛況のうちに終了した。 正確には「終了した」のはグラウンド上でのことであり、ふりかえりレビューを経て、さらに次への備えをしてこその終了。 実はまだ続いている。 ここからがさらに面白い。 ラグビー界のごく一部にしかないこのサイクルにこそ、あらゆるカテゴリーが現状を打破する唯一無二の秘訣がある。 単なる大会でなく、その背景に思…

続きを読む