テーマ:登山

子どもの日

今日は『こどもの日』🎏 外で走り回ってこそなんぼの世代には酷な状態ですが、確実に前に進んでいるに違いないとも感じます。 必ずしも悪いことばかりじゃない。 いろんな気づきを得ることが出来た日々です。 当たり前が当たり前だったその次はどんな景色になるだろう? 自分のことよりも次の世代のために生きることで子どもたちのために貢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山からラグビー観戦へ

中学ラグビー近畿大会前に寄り道 #三上山 #近江富士 #親子登山 #元旦以来の #直登ダッシュ @ 三上山山頂展望台 中学校ラグビー近畿予選観戦。 和歌山県の戦いぶりが印象に残りました。 兄貴の学校も何とか初戦を突破。 ゲーム中の彼のスタンスだけは褒めてやろうと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵と山登りへ

登山のすすめ 幼いお子さんがいらっしゃる方はぜひ! 三上山、富士は富士でも近江富士! 名神を京都から滋賀方面に走っていると琵琶湖側にピラミッド型の妙に惹きつけられる山が見えてきます。 標高は432m、麓に駐車場やコンビニがあり気軽に登ることができる山です。 今日は兄貴たちはラグビー、長男は親里で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜間登山へ、頑張れ!子どもたち♪

頑張れ!我が家のAチーム! スパイク3足大人買い。 そして長女にはシャカシャカジャージを(^^) みんなとても頑張っている、いい感じで育っている。 今晩は、夜間登山へ。 懐中電灯を頼りに峠の市内が一望出来るスポットへ。 文句を言わず黙々と登る武蔵、それを支える姉たち。 いい兄弟姉妹だな。 いろいろ課題もあるけれど(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江富士登山,夏山はサイコー!

連日35℃を越える猛暑日。 どこにいても暑いのならと,急に思い立ち,滋賀県野洲市の三上山に登山に行きました。 遠景はこんな感じ。 「三上山」というよりも「近江富士」という呼び方の方がメジャーでしょうか? 本家の富士山には,3回登ったことがありますが,走って登って降りてきたような感じで,写真すらありません。 元気が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜間登山へ、感覚を研ぎ澄ます…

昨晩は、職場から夜間登山に出かけた。 遠く宇治や大山崎辺りまで見渡せる夜景。 京都タワーが思いの外近い。 名神高速、御所などおおよその位置から次々に分かってくると光の集合体が立体的に見えてくる。 ランタンを灯し、コンロで湯を沸かし、おにぎりを頬張り、カップラーメンをすする… 至福の時、小さなことがどうでも良くなる瞬間… こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視点を変える…

京都市街を北から一望できる場所を紹介します。 峠から登山道を歩くこと約20分。 結構、急な山道を登り、三角点の手前がそのポイント。 真北から見る京都、視点を変えれば見方が変わる。 決まりきった視点を移動させる柔軟性は、チャレンジと同義では? 自分を疑うことから始めよう(^皿^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武奈ケ岳登山、体力は合格!

滋賀県比良山系の武奈ケ岳(1214m)に娘と一緒に登りました。 昨日まで若狭の海に宿泊行事に参加していた娘の代休、海の次は山です(^皿^) 琵琶湖を一望でき、ススキの群生が見事でしたが、ロープウェイの廃線や今夏の雨の影響か山が以前と比べて荒れ始めているように感じました。 そんな中、せっせと手作業で山道を補修されている方に出会い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比叡山トレイルランニング

比叡山から京都市街地を臨む。 3時間半のトレイルランを満喫しました。 途中出会ったのは、親子の鹿、リス、トカゲ、名前のわからない鳥、ヘビ(多分、ヤマカガシ)、セミ、ゴミムシなど。 ヒトにも8人ほど会いました。 空が近く風が爽やか、少し生き返りました。 自然の前では、人間はアウェイですね。それゆえ自分はそこがしっくりくるのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体が何かを欲している

不規則勤務でくたびれ気味の身体に喝を入れるためクロカン走。 きらら坂から比叡山へ。 修学院の音羽川上流の砂防公園は川や緑が美しく、眺望よし。 子育て世代にとてもいいスポットですよ!オススメ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は愛宕山へ

愛宕山山頂の空。 名勝嵐山から少し足を伸ばし、麓の清滝からの急登を90分。 デスクワークで鈍った身体には結構キツい。 なにがある訳でないが、野鳥のさえずり、鮮やかな緑が心地よい。 生きてることを感じることが出来る大切な時間。 下りは45分。 これからの目安にしよう。 愛宕山は、子どもたちとよく訪れた山。義父は、1000回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の仕事

倒木に宿る生命。 登山研修に同行しました。 高さ20メートルはあろうかという老いた杉の倒木に新しい生命の息吹き。 倒れてもその礎となり、新たに供給し続けるその力に感銘。 こんな貢献の仕方もある。 ラグビーに置き換えたらどうだろう? 生きてるものに絡みつき、動きを制限してないか? 新陳代謝が活発で生命力にあふれてる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根子岳、花の百名山登山

選手もレフリーも頑張ってる。 頑張ってないのは自分だけ…なのでせめてもの償い?にと一念発起山登りに出かけました。 熊に注意の看板にビビりながら、万一に備えて両手に石を握りしめ(笑) 往復2時間、駆け足登山でしたがいい汗かきました。 来年は家族で登ります。 山のいいところ、金持ちも貧乏も若者も年輩も関係なく平等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開聞岳登頂

海に突き出したすり鉢状の山は想像以上の急登。 火山特有の岩場もあり変化に富んだ「名山」でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more