6年前の想い出

6年前の思い出。 その時々に出来る最大のことをやれたかどうかが評価。 ずっと先にあるもっと大切なことに対して真っ直ぐに! 去年の年末年始は花園だった。 1年生だった三女の冬休みの宿題の作文。大切にとってあったけど望みかなわず。ちなみに今年の作文は美味しかったカニ鍋(笑)それもまた良し(^^)d あと一歩のところで届かなかったけれど、奈良県予選決勝は、ベストゲームだったと思う。 お…

続きを読む

明日の決勝は…

今年もまたこの季節がやって来ました。 日本一を目指す両チームの激闘は、故郷、橿原の地で。 日曜日の決勝戦、ベストゲームを!!

続きを読む

おぢばがえり

ムロオ関西大学ラグビーAリーグ戦の前に、天理高校🆚東福岡高校の定期戦。 高校と大学のトップチームとトップレフリーが吹くゲームを一度に観戦出来る贅沢。 なんだかんだで一時的に長男・次男・三男・四男がラグビー場に集結しました。 天理高校に所縁のある懐かしい方々ともお会いしてお話しできました。 ラグビーの力、ありがたいことです。

続きを読む

ラグビーシーズン到来!

RWC開幕が近づきテレビや新聞がにわかに賑やかになってきた。 例年より早くムロオ関西大学ラグビーAリーグが開幕し、京都中学ラグビー選手権も始まりました。 週末、大学リーグ開催日の午前に行われる天理–東福岡の定期戦も注目です。 楽しみながらラグビー観戦出来ているのは良い傾向。 この距離感を大切にしたい。

続きを読む

高校ラグビー、頑張れ子どもたち^_^

いいお天気のラグビー観戦 何年前だろう? 祈るような気持ちで観戦していたのは。 今日も選手のご家族がたくさん応援に来ていらっしゃる。 その気持ちは手に取るように分かる。 怪我なく思い切りラグビーをプレーしているところを見せることが出来ますように!

続きを読む

タイムスリップ

洛北高校と天理高校、伝統の定期戦。 かつて両チームに三兄弟が在籍し、 お互いに闘った思い出のゲーム。 今は立場をかえて同じ現場に。 レフリーは、息子たちが中学時代と社会人になっても同じ職場でお世話になったA級レフリー。 タグラグビー研究の第一人者とともに観戦の贅沢 ハーフタイム後は、下鴨神社で開催予定のボーイスカウトによるタグラグビー大会の打ち合わせで区役所…

続きを読む

2回目の入寮

今日から次男が2回目のラグビー部寮に入寮。 前途に幸多かれと出発前にみんなで記念撮影しました。 早朝に無理矢理起こされた武蔵はご機嫌ナナメ 長男は、毎日朝6時過ぎに出て、帰宅が23時過ぎという逆働き方改革の真っ只中なので寝たまんま 鉄の結束です! みんなあちこちで頑張り始めているので私も頑張ろう!という気はまったくあ…

続きを読む

天理ラグビーのキャプテン

天理ラグビーを好きになったきっかけは何だったろう? そのひとつにこの魅力的なチームのキャプテン, 卓越した人格をもつキャプテンの存在があったのは確か。 天理のキャプテンは,背負ってるものが違う。 背負えるだけの人格が備わっているからこそのキャプテンなんだろう。 天理高校も天理大学も。 https://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201310/…

続きを読む

天理らしさ

天理らしさを随所に発揮しながらの真っ向勝負! 敗れてなお印象に残るラグビー また新しいページに歴史を刻んだ選手の皆さんに心から拍手を! 後半、点差が開きかけた時、2012年熊谷での選抜大会、今日と同じ相手校にロスタイムで2本差を追いついたゲームを思い出しました。 その再現はなりませんでしたが、変わらぬ闘いぶりにあらためて伝統に裏打ちされたスタイルを見ることが出…

続きを読む

天理の矜持

惜敗… 試合を観戦できず,また映像も見ていないけれど,おおよそ想像がつく。 凄まじいまでの戦闘力。 もはや技術や精神のその上をいく戦いぶりはきっと多くの人の胸を打ったことだろう。 勝った時よりも負けた時の方が記憶に残る皮肉。 あと少しが届かなかったことの「あと少し」がどれほど大きいものなのかは,戦ったものにしか分からない。 今はゆっくりと身体を休めて,これまでが間違いでな…

続きを読む

天理は,やはり天理だった

去年は悔しくて花園のゲームを一切見なかった。 去年の今頃は… http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201501/article_5.html http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201501/article_8.html http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201501/a…

続きを読む

このグラウンドには…

汗と涙が染み込んだこのグラウンドは人工芝に生まれ変わるらしい。 激闘、夜間練習、集中ゲーム… 自分も想い出があるけれどプレイヤーにはひとしおだろう。 新しい歴史が始まる。 武蔵は、10年後か? すぐそこだな(^^)

続きを読む

記念大会枠?シード校?

高校総体冬季大会としての花園。 都道府県予選決勝戦のスコアがなかなか深い。 抽選や1点差でも出場できない学校がある一方で… 毎年話題の100点ゲームは健在で、トライを取れるかどうかをクローズアップしたり。 お互いのためにならないゲーム、それでも立ち向かう、全力で戦うということは果たして美談か? そんなミスマッチを組んだしまったことへの責任はどこに? 3年間の最期のゲームがそれではあまりにも残酷…

続きを読む

天理、選抜出場決定!

天理、これからどんどん強くなる。 そうなる要素が詰まっている。 チャンス、狙える位置に! とても楽しみ! 選手の皆さん、関係者の皆さん、おめでとうございます。 センバツ高校野球とあわせ天理旋風を期待しています。 天理ファンの元奈良県民として! 記事と写真は関係なさそうでひょっとしたら関係あるかもしれない人(笑) まだこんなのに乗りたがる。 明日はラグビースクールに行…

続きを読む

春はもうすぐそこまで

高校近畿大会が始まる。 去年、一昨年、さらにその前、もう一年前も現場にいた。 思い出すなぁ。 サクラの季節。 良い結果に繋がりますように!!

続きを読む

大和卒業!やりきった高校3年間

今日は大和の高校卒業式。 月並みだけどあっという間の3年間。 兄の後を追うがごとく同じ高校へ。 でも結果としてそうなっただけで彼の人生。 彼が決めたこと。 今,卒業を迎え,それで良かったと思う。 親としては,3年連続の高校卒業。 ある種の親の務めを果たしたような気分。 去年の次男の卒業式 http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/20140…

続きを読む

退寮の日に

本日、苦楽をともにした仲間とともに、3年間過したラグビー部寮を退寮しました。 様々に彼を導き励ましていただいた皆さま、ありがとうございました。 仕事の都合で迎えに行くのが日没後、一番最後になったのですが、キャプテンが一緒に残って追い出してくれました。 さすが、天理のキャプテン! 天理にお世話になって良かった! さあ約2ヶ月。 高校生活の集大成と大学生活の準備。 いつも大切だ…

続きを読む

高校全国大会を終えて

やっと終わった。 早く終わってくれと思っていた。 ミスマッチが続出する序盤戦。 大差のゲームを美化することへの違和感。 全国高校総体冬季大会であるがゆえの都道府県1代表制。 とはいえ、複数出場枠がある地域も。 繰り返される抽選による次戦進出権。 ノーサイド? 勝ち負けはなく、引き分け? 抽選勝ちの文字が踊る(笑) 仕組みを変えないといけない時期に来ているのは明白。 選手…

続きを読む

「花園」への想い

出場が叶わなかった悔しさよりも「日本一」を逃した悔しさの方が大きいなぁ。 出場が目標ではなかったし、努力の方向も間違いではなかったし。 来年、新チームがそれを晴らしてくれるはず!ガンバレ、天理高校ラグビー部(^_^)v 息子たちが精魂込めて過ごし、成長の機会を与えていただいたことでより身近に思え、天理ラグビーがますます好きになりました(^^)d

続きを読む

どうにかならないものか…

う~ん,シード校名を見たらまた悔しくなってきた(笑) 見なきゃ良かった。残念。 セブンズの全国大会も出来たことだし,なんとかしないといけないなぁ。 野球やサッカーとは比較にならない都道府県予選における温度差。 地域での取組状況が違い過ぎて,高校総体の一環として実施しているものの,都道府県1代表の重みが極端に違っている。 参加チーム数だけでは推し量れないが… その割には,シ…

続きを読む

「22」番の系譜

ついにグラウンドを駆けることがなかった22番。 花園の兄と同じく(笑) それでもベンチで仲間とともに闘っていた。 ONE TEAM TENRI 日に日にあの凄まじい戦いぶりが蘇ってくる。 笛ではなく,選手同士の力と力のぶつかり合いの中で決した勝負。 キャプテンが仲間とスタンドに下げた深々とした一礼が印象に残った。 真っ向勝負の天理。 その看板を背負って…

続きを読む

大切にして欲しいこと

兄貴と同じポジションだった大和は約2年間、Bチームの10番が定位置だった。 何かのタイミングでAチームに上がった時の気持ちはどんなだっただろう? 彼のこと、気合いが空回りしてみたいな感じだったのでは? でも、それはそれで良かったのかなと思う。 県予選準決勝、純白の10番を見た時、ちょっと感傷的になった。 父親としては、その時点で終わっていたのかもしれない。 そんな中、…

続きを読む

時間がゆっくりと流れている

中学を選び、高校も選んだ。 全部自分で選択した。 その彼がまた自らの選択で大学へ。 当初、就職を希望していた。 経済的なことで気をつかわせた節がある。 そんな発想が出来るようになっていたんだと少し驚いた。 あれだけの烈しい戦い。 すぐには切り替えられない。 もう少し時間が必要。

続きを読む

Let's Roll again!!

シンプルに激しく! 去年は去年,今年は今年。 http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201311/article_24.html http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201311/article_25.html http://kyoto-tagrugby.at.webry.info/201311/artic…

続きを読む

充実の秋・ONE TEAM TENRI

今日は県予選準決勝。 雨の中のゲームだったが、それぞれが出来ることを精一杯やっている姿が印象的だった。 ひとつの屋根の下で家庭を離れ苦楽を共にしている彼らにしか分からない感情かもしれない。 不自由という名の自由。 ともに喜び、ともに泣いた彼らが、等しく歓喜する瞬間が近づいている。 親はどのような結果であれ、グラウンドの選手だけだはない彼らすべての力が結集したゲームを観戦させても…

続きを読む