教諭?でなく…

ちょうど2年前の記事。 ラグビー仲間の社会での活躍は嬉しいもの。 ラグビーレフリーと学校教育、いろんな点で相通じるものがあるように感じます。

続きを読む

なかなかハードなり

いくら仕事(笑)とはいえハードワーク 家だと意思が弱いので寝てしまうからあえて外で。 複数箇所からの追い込みを優先順位をつけながら捌こうにも寝る時間を削るしかない始末 誰のため?何のため?答えがハッキリしてるから頑張れる。 今日も凄いオファーがあった。とても楽しみ! 雑音には耳を貸さずに真っ直ぐに行く!

続きを読む

まだ昭和なんだよなぁ

ずっと言ってるし行動もしたんだけどなんとかならないかなぁ。 若い世代や女性が組織に参画いただけてないことが致命的だな。 元号が変わろうという時にいつまでも「昭和」のスタジアム…。 屋根があれば!トイレを増やして!等ハード整備とは違う工夫はお金もいらないはず。 変わるきっかけになって欲しい!!

続きを読む

クラブのアイデンティティー

京都プログレRFCの卒部式へ。 創設10年目にイメージしたNEXT10はどうだったのか? その景色を見るために。 31人の6年生の多くは中学進学後も学校部活動やラグビークラブでラグビーを続けるらしい。嬉しいこと!「続ける」ことでまだ見ぬ景色を見て欲しい。人生に彩りを添える何かを感じて欲しい。 2000年、クラブ創設当初に掲げた「蒼き狼」に込められた想いのとおり、日本各地の様々なカテゴリーで「…

続きを読む

トップリーガーとのタグラグビー

仲間とラグビー、楽しい❗️ 素晴らしい天候に恵まれて、存分にタグラグビーを楽しみました。 天理のキャプテン、彼もまた天理のキャプテン!! ひとまわり成長してますますの活躍を期待しています! 感謝!NTTドコモレッドハリケーンズ!! 気は優しくて力持ち トップリーグ昇格後、初のゲームは扇町公園〓 15人くらいの子どもたちとの対戦は大いに盛り上が…

続きを読む

お気に入りの本

【池上さんのことば辞典】 子どもたちとの日常の関わりについて深め学びに繋がる本。 その延長上のスポーツでありラグビー。 親は、子どもたちにとって魅力的な親でありたい。 標準や平均点よりも多少キレ気味の方が良い 時々、ふと思い立ち読み返すと以前気づかなかったことが発見できる。 ゆっくりとではあるが、自分自身が成長できているのかも?と自己満足{%顔モジヘェー(シェ…

続きを読む

ダメ組織との付き合い方

小さな村の中でしか通用しない常識と社会のそれとのズレ。 近くの村で起こった同じことの繰り返しから学習すべきだが自浄能力はなし。当事者だけの問題ではない。 選手やコーチ以外にも及んでいる寝深い問題。

続きを読む

創造の果てにあるもの

下鴨神社のお膝元の小学校でのタグラグビー!! ラグビーのそして人生の先輩のコトバの重さと熱さに支えられたクラブ、ゆっくりと地域と子どもたちに注いでいく。 誰のために?何のために? その精神性と無邪気にラグビーボールと戯れる子どもたちのギャップが堪らない! ギャップがギャップでなくなるイメージがある。 子どもたちは地域とスポーツで育てる。 タグラグビーを用いて伝える。 みんなで持ち寄ってみんなで…

続きを読む

たんぼラグビー、全国展開を目指して!

「たんぼラグビー」,あなたの街や村でもいかがですか? 2015年京都・福知山において初開催?されて以来,すでに日本各地10数か所で開催されています。 今年だけでも5地域で新たに立ち上がりました。 普及を超えたラグビーによる社会貢献。 ラグビーの魅力はすなわち地域の団結や交流に結びつきます! ノウハウは喜んで提供させていただきます。 縛りを設けず,ゆるやかに各地がリンクしてアイデア等を共有共…

続きを読む

宝が池ナイターラグビー構想

これからやってみたいことのうちのひとつ。 宝が池球技場でのナイターラグビー。 幼児や小学生その保護者,練習帰りの中学生や高校生らが思い思いにラグビーを楽しむ空間。 ナイター照明に浮かび上がる夢空間。 先日も宝が池でサッカークラブの方々がされておられた。 実は,過去に何度もサッカーのその現場を見学に行ってるけど,いつもとてもいい風景,みんなとても楽しそう。 「スポーツ」だなぁ。こんな中でラグビー…

続きを読む

新しい取り組みを

時間を上手く使えば人生が豊かになる! 北区で新しい取り組みがサッカーをプラットホームにして始まります。 ワクワクしています。 ラグビーには出来ないことをサッカーの枠組みでラグビーを!^_^

続きを読む

福知山も順調!(^^)

たくさんのエントリーありがとうございます! 第4回を迎える今回から福知山市協会主催となり、より地域密着の度合いを強めていきます! どうぞよろしく!! #たんぼラグビー #いがいと福知山

続きを読む

たんぼラグビー順調に

たんぼラグビーの打合せ、かれこれ10回目くらい! 今日も約20人の出席、熱い集い。 きっと良い感じで進んでいく! 地元中学校に勤務する息子と合流して帰宅。 フォローの風が吹いてる!

続きを読む

新しいこと始めます!^_^

今日は、高校ラグビー奈良県予選決勝、大学ラグビーと大学アメフトの全勝対決による優勝決定戦。 本来ならどこに行こうか迷うところでしたが、幸いに終日仕事でした(笑) いやもう一つ、長男のクラブチームの試合も滋賀県で。 いまだにラグビーの近くで子どもたちが頑張ってくれているのは本当に嬉しいものです。 私も子どもたちに負けないようにもう一踏ん張り。 久々にやる気を引き出す仕事に出会いました。 昨日の東…

続きを読む

次の10年へ

昨日は京都サンガビジネスアカデミー、今日は府サッカー協会のキッズ委員会へ。 2日続けてのサッカー関連の会議。 朗報!サッカー界の方々から福知山たんぼラグビー参戦の声をお聞きしました!本当に嬉しいこと、ラグビーが外側に開いていく感じ。 狭い殻の外には本当に愉快で魅力的な人がたくさんいる。 内輪での足の引っ張り合いから決別し、外の広い世界へ。 ラグビーのそういう目線をもった方と次の10年を創る作業…

続きを読む

ワン・ワールド・フェスティバルでのタグラグビー

ワン・ワールド・フェスティバルでのタグラグビー。 青空が広がる好天の中、先日トップリーグ復帰を決めたNTTドコモレッドハリケーンズの選手にもお越しいただき、女子サッカー選手や普段、タッチラグビーを楽しんでおられるお父さん方に子どもたちなど多様な組み合わせでチームを組んでタグラグビーのゲームを存分に楽しみました。 ラグビーは、現役選手とファンの距離がとても近い! そしてラグビーに遠かった人も…

続きを読む

とても濃厚な半日だった。 これからを創っていく上で大切な方と前向きな話を。 『蒼き狼』 創設からもうすぐ20年が経とうとしてる。 場所やポジションを変えつつも、進化を追いかけ、想いは変わることなくブレない仲間。

続きを読む

サッカー協会の会議へ

今日は月に一度のサッカー協会キッズ委員会へ。 この時期に次年度の計画が明確になっている。 ラグビーとのギャップに愕然とする。 計画が計画に終わることなく実行に結びついている。 学ぶところがたくさんある。 集まって話し合う値打ちのある会議。 その集いさえなかったり,終わってからの飲み会がメインだったり(笑) いつになったら…

続きを読む

まずは組織づくりから

自分のスタートはカタチのないところから。 いや、あっても使えないものを壊しながら創るといった方が正確か? スタートした。 真っ直ぐ行こう!

続きを読む

夏の終わり、秋の始まり

明日は関西協会、その週末は九州協会の方々にお世話になり、博多と鳥栖へ。 さらに翌週は日本協会の会議で東京へ。 当日以上にその前後が大事になる。 吸収しながら発信することで前進する。 極めて単純、シンプルな理屈。 発信し続ければ情報量も増えていく。 実践の中で証明されたこと。 視野を広げなければ見えないこともある。 考えを文字にすることで考えが整理され、人に伝達でき…

続きを読む

競技団体と学校教育活動について感じたこと

昨日の京都におけるタグラグビー大会に係る打ち合わせの結論は、「昨年度と同じ」。 様々な考え方があり,その議論は面白かった。 チーム目線・主催者目線・教員として・ラグビープレーヤーとして… みんな深く考えていることに関心させられた。 そして,結果的に自分としては、地元において新しいものを創造するための労力をかける必要がなくなった。 このタイミングは歓迎すべきことで、やっと力を入れ…

続きを読む

秋近し、今シーズン、ラグビーと向き合う自分のスタイル

自宅前の田んぼの稲穂が実っている。 注意してみると品種が違うのか他の田んぼではまだ実ってなかったりその違いが面白い。 畑にはオクラや丸なすがまだ幅を効かせている。 早朝の空気は爽やかで陽射しも柔らかい。 ラグビーシーズンに向けた準備も本格化していく。 今晩は京都、月曜日は関西の打ち合わせ。 来週は新しいエネルギーをもらうためにみたび九州へ。 発展途上ゆえ、考えない中…

続きを読む

サントリーカップ第8回全国小学生タグラグビー選手権大会

今年も全国各地で小学生によるタグラグビー大会が開催されます。 今年は二日目が国立競技場。 日本選手権決勝の前座試合は,これまでと同じ。 はや8回目となる大会、草創期とは様々な面で状況が変わってきています。 漫然と同じことを繰り返すつもりはまったくありません。 既成概念を破壊することから始める。 なぜなら、そもそも「タグラグビーの普及」のために始まった大会。 勝ち負け…

続きを読む