記念大会枠?シード校?

画像

高校総体冬季大会としての花園。
都道府県予選決勝戦のスコアがなかなか深い。
抽選や1点差でも出場できない学校がある一方で…
毎年話題の100点ゲームは健在で、トライを取れるかどうかをクローズアップしたり。
お互いのためにならないゲーム、それでも立ち向かう、全力で戦うということは果たして美談か?
そんなミスマッチを組んだしまったことへの責任はどこに?
3年間の最期のゲームがそれではあまりにも残酷に思う。
いつまでこの無策を続けるのだろう?
記念大会による参加校増、小手先の変化、負けたのに出場する違和感。
負けていないのに出場出来ない。
大人たちはまた来年、いやずっとあるからか?
リーグ戦、サッカーはとっくにグレード別でやっている。
弱くても強くてもゲームが保障されている。
No. 1がいくつあってもいいと思う。

よく分からない選考基準、敗れたから言ってると思われるのが癪だからあえて今言う。
この日本語おかしくないですか?
何がしたいのか分からない。
地域なのか?レベルなのか?はたまた両方か?
シードって高校野球にはない。
ラグビーにはある。
東とか西とか、よく分からない。

以下引用

第95回全国高校大会記念大会枠の4校は
過去10年間に全国高校大会で4強入りした高校が所属する関東・近畿・中国・九州の4ブロックの高校が対象
※複数校が出場する都道府県は除く

複数校が出場するのは、東京都・北海道・大阪府
大阪府の1つは、開催地との位置付けでの3校か?
実質4校のうち1校が出場出来ないことは果たして激戦なのか?
謎が多いけれどそこに子どもの姿はない。
まだまだ繰り返されるだろう。
残念でならない。

"記念大会枠?シード校?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: