戦争をしないためにラグビーをするんだよ。

「闘争の倫理」
5CA8D812-03AE-4C89-B27B-0597D8A3FA50.jpeg
「ラグビーの試合中、対戦相手のエースをめがけてパントを上げて、なだれこみ、倒し、ボールがそこにあれば合法的に相手の頭めがけて突っ込むことはできる。しかし、その時、思わず、力を少し緩めている。
「合法(ジャスト)」より上位の「きれい(フェア)」を優先したくなるからだ。
生きるか死ぬかの気持ちで長期にわたって努力し、いざ臨んだ闘争の場にあって、なお、この境地を知る者を育てる。
それがラグビーだ。」

この感覚,大切にしたい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年03月04日 17:07
いい記事ですね。
ノーサイド!
(=^・^=)