知覧回想

家族旅行する際には、必ず戦跡を訪ねることにしている。
2F6274C0-D2FF-4E11-B70D-C9C25374B131.jpeg
兄貴たちが中学生、武蔵がお腹の中にいる頃、鹿児島方面へ。
開聞岳に登り、知覧や鹿屋を訪ねた際に購入した本。
凛々しい顔、整った文字からは想像し難い過酷な運命。
近況を伝えた後の結びは、両親や家族、お世話になった方々への感謝…
実際にあったことを子どもたちにきちんと伝えるためには、感じること。
説明の言葉は不要だと知る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント