小学生スポーツにおける違和感

5〜6年前、小学生のゲーム。 個々人の素晴らしいスキルとチームとしての完成度の高さに感心しながら、観戦者としてその攻防を楽しんでいた。 ノーサイドの笛が鳴り、敗れたチームの選手全員が突っ伏して泣きじゃくり起き上がれない。 余程悔しかったのだろう、生まれて10年そこそこじゃ、まだ感情のコントロールが出来ないのも無理はない。 そんな気持ちでその様子をしばらく傍観していたがその光景がなかなかお…

続きを読む