Jサッカークラブでのラグビー

今朝は明日に開幕を控えたJリーグチーム・京都サンガのグローバルクラスにお招きいただき、年長から小6の子どもたちとタグラグビーを楽しみました。
画像

「自立」を促し、「創造性」「コミュニケーション」を大切にするクラス、年間を通じてサッカーだけでなく、キャンプや山登り、スキーといった野外活動や社会体験などを行なっていて、その一環としてタグラグビー体験として昨年に続きお声かけいただきました。
http://www.sanga-fc.jp/school/clinic/global.php

タグラグビーの前に、元気いっぱいの子どもたちがサッカーに興じる姿を見学させていただきましたが、学年混成でプレーしても特にストレスを感じさせず、むしろ寄り添ったりチャレンジしたりする姿が印象的でした。固定概念を疑ってみることって大切だなと感じました。

たくさんの子どもたちがすでにタグラグビーを体験したことがあるという事実、10数年前にはなかったことです。
地道な取り組みが前に進んでいます。そこに満足することなく、戦略的に目指す方向へ、そして次の世代へと繋げていく必要をあらためて感じました。
画像

今日出逢った子どもたちがスポーツを楽しみ、そしてラグビーを緩やかに応援してくれたなら!
画像

#rugbyopensmanydoors

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック