創造の果てにあるもの

下鴨神社のお膝元の小学校でのタグラグビー!!
画像

ラグビーのそして人生の先輩のコトバの重さと熱さに支えられたクラブ、ゆっくりと地域と子どもたちに注いでいく。
誰のために?何のために?
その精神性と無邪気にラグビーボールと戯れる子どもたちのギャップが堪らない!
ギャップがギャップでなくなるイメージがある。
子どもたちは地域とスポーツで育てる。
タグラグビーを用いて伝える。
みんなで持ち寄ってみんなで考える、即効性はないかもしれないけど信念を曲げず継続していく。