NEXT10 次の場所へ

画像

ほぼ7年ぶり?くらいに京都の小学校タグラグビーの会議へ。
もうすぐ50歳、引きながら攻める活動の一環。
自分がやるのでなく伝えていく世代になりました。
若い力と女性の多さ、学び創造する意欲と業務分担出来るシステム。
代謝がパワーを生み出していました。
自分がやっていた時とは雲泥の差。
そこには組織力がありました。
自走し、安定しながらそこに留まらないエネルギーを感じました。

地位が人をつくり、環境が人を育てる

「誰々でないと出来ない」とか「あの人がいないと回らない」とかいう言葉は、妄想であることは経験則として良く理解していましたが、今日、あらためて居坐わることなくまだ出来る頃に席を開ける大切さを強く感じました。
自分が尊敬する人はそうしておられるし、自分がそうしていただいたことを今度は自分が実践していく順番です。

そうすることで、その余力で新しい場所で新しい景色を見に行こうとするエネルギーが産み出される。

秋に太陽生命カップに出場する京都市立勧修中学校の主力は、サントリーカップ決勝大会、大雨の秩父宮で素晴らしいゲームを展開した勧修小学校タグラグビークラブの子どもたちだそうです。
そのことを目指した訳でなく、結果としてのひとつの側面。
そっと応援していたいと思います。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0